ガーデンコラム

宅配ボックス

   

皆さまこんにちは。建窓センターキヨナガの小野です。

   

前回の 門まわり・門扉 に続き、今回は「宅配ボックス」についてご紹介します!

  

    

まず、宅配ボックスを設置する意義、理由に考えてみました・・・

   

インターネット通販を使うことが多く、再配達のお知らせが多くなり、いちいち再配達依頼の電話をしたり、

 荷物が届くまで外出できなかったりと、煩わしいことをなくすために。   

再配達を待っていたのに、ちょうどトイレに入っている時にチャイムが鳴って…結局また再配達……

 なんてことを防ぐために。

宅配業者と対面しないで済む。また、不審者侵入のリスクを軽減できる。

   

      

・・・現代のライフスタイルからすると、今後もっと宅配ボックスの必要性は大きくなりそうですね(^^)

   

  

では次に、宅配ボックスの種類についてご紹介します♪

    

据え置きタイプ

玄関ドアのそばに置くこともできます。
開くとこんな感じです。

  

【据え置きタイプ】

 メリット: 接着剤で地面に固定させるので、大きなサイズも設置可能。施工が簡単
デメリット: 固定しているとはいえ、盗難の心配がある。

        

    

埋め込みタイプ   

【埋め込みタイプ】 

 メリット: ブロック塀に宅配ボックスを埋め込むことで省スペースになり、ビジュアルに優れる。 

デメリット: 宅配ボックスのサイズ変更が簡単にはできない、あまり大きな荷物は入らない

   

   

■ ポールタイプ

スタイリッシュでオシャレですね!

   

【ポールタイプ】 

 メリット: 据え置きタイプと違い高さがある為、腰を落とさずに荷物が取れる。

デメリット: 一度設置してしまうと配置変更が簡単には出来ない

    

   

   

宅配ボックスの最新傾向は?

    

いろいろと調べているうちに気になったので、最後にこちらをご紹介します♪

    

最近では、スマートフォン荷物の投函取り出し状況の確認ができたり、

スマートフォンの専用アプリなどを用いて、荷物の受け取り・取り出し時にスマホに通知が届くタイプ

複数荷受け集荷対応が可能ものもあるようです。

   

共働きなど外出が多く、宅配の利用頻度が高い家庭には便利な機能かもしれませんね!