スタッフブログ

鬼門とは?

  

  

2022.1.15

皆さまこんにちは。建窓センターキヨナガの小野です。

  

  

早速ですが、今回のタイトルの「鬼門」についてですが・・・皆さまご存じでしょうか?知っているようで詳しくは知らなかった情報を見つけたのですこしご紹介いたします♪新しく住まいをかえる際などにお役立ていただけたらと思います(^^)

  

  

  

鬼門(きもん)とは、東西南北の方角では北東をさします。その名の通り「鬼(邪気)の出入りする方角」のことで、物事をするのは避けたほうが良い方角を意味します。そんな鬼門の意味、使い方など簡単にご紹介します。

  

  

「鬼門」とは何?

(c)Shutterstock.com

「○○は鬼門になっている」「~は私にとっての最大の鬼門」「その方角は鬼門です」など、「鬼門」という言葉は日常生活の中でも耳にする機会が多いですね。

特に「玄関は鬼門の方角を避けた方がいい」「キッチンやトイレの配置は鬼門に気をつけて」と家を新築する時やマンションを購入、引越しをする時などに家相や風水の観点から鬼門が気になった方もいらっしゃるのでは?

「鬼門(きもん)」とは、十二支の方角では「丑寅(うしとら)」、東西南北の方角では北東をさします。その名の通り「鬼(邪気)の出入りする方角」のことで、物事をするのは避けたほうが良い方角を意味します。

鬼門の起源は古代中国の説話や歴史上の情勢・地形の問題など諸説ありますが、日本では平安時代の頃から京都を中心に浸透した陰陽道の思想に基づいています。

鬼門の方角は鬼(邪気)が出入りして集まるところとされ不吉なものと恐れられてきました。そのため、都や幕府の鬼門にあたる方角には鬼門除けとして日吉大社・貴船神社・鞍馬寺などの社寺が建てられました。桓武天皇は平安京の鬼門除けとして比叡山延暦寺を建立したとも伝えられています。

  

  

  

鬼門の意味と使い方

鬼門は鬼が出入りする方角ですから、万事に忌むべき不吉な方角と言われています。ただ方角に限らず、その人にとってどうしても苦手な分野、相手、場所などをさして使う場合もあります。

「部長は私にとっては鬼門だから、どうしても嚙み合わない」
「このお店は私の鬼門なのか、いつも忘れ物をしてしまう」

このように、ウイークポイントのニュアンスでも使われます。

また、家相などでは、この方角に水を貯めることは良くないと言われ、住宅の建設にあたっては、鬼門あたる場所に玄関・トイレ・キッチンなどの水回りは配置しないという考え方もあります。

  

  

  

鬼門やライン上に置くと鬼門封じができる物とは?

(c)Shutterstock.com

鬼門ラインにキッチンやトイレがある場合も、あるものを置くことで鬼門除けができます。現代の住宅事情では家を建てるときに、家族で過ごすリビングは広く明るくしたいと南側に設置するケースがありますが、そのため玄関や水回りが鬼門・裏鬼門になってしまうことがあります。そんな時の鬼門除け対策を紹介します。

1:盛り塩を置いて清める

鬼門や裏鬼門には盛り塩を置くことも有効です。盛り塩には気のバランスを適当に保ち、悪いことを寄せ付けない効果があるため、お掃除をした後に置くようにしましょう。

盛り塩には粗塩を使い、塩を円錐形に整え、1~2週間で取り替えるようにします。市販の盛り塩キットもありますので簡単に形を整えることができます。

鬼門対策で盛り塩が有効なのは、トイレの隅、洗面所や洗濯機まわり、キッチン、玄関先などです。ただし、盛り塩を置く時は直接水があたる場所や動線になる場所は避けましょう。

2:ヒイラギなどのトゲのある植物を置く

葉にトゲのある植物は鬼も怖がって入ってこないといわれ、昔からヒイラギやサボテンは鬼門除けの植物として人気があります。特にヒイラギは葉が尖り触ると痛いため鬼門には良く植えられる植物です。

玄関が鬼門・裏鬼門に当たる場合、植物を植えることは鬼門除けにも効果的でインテリアとしても活用できますね。

鬼門にキッチンやトイレがあって気になる場合は、「難を転じる」とされる南天(なんてん)がおすすめです。

他にも枯れずに一年を通して青々としている万年青(おもと)やユッカ、アロエ、サボテンなどトゲのある観葉植物を室内に置くのも鬼門対策には効果的です。ただし、枯れた葉をそのままにしたり、弱っている植物を置いたりするのはかえって逆効果となりますから、植物の手入れはこまめに。

3:水晶や猿の置物を置く

浄化作用のあるパワーストーンとして人気の水晶は悪い気を吸い浄化すると考えられていて、鬼門・裏鬼門に置いたり、地面に埋め込んだりして使います。

猿の置物は古くから鬼門除けに使われてきました。これは鬼門(丑寅)の反対方向が未申(ひつじさる)であることが由来で、「難が去る」と考えられ猿の置物を置くことで邪気を払うといわれています。

  

  

  

最後に

家庭内でもデジタル化が進み最新設備が整った現代では、鬼門は迷信のようなものととらえる人も少なくありません。でも、根拠がなくても鬼門ときくと、やはり「何となく怖い」「できれば避けたい」と感じるものです。

ストレス社会の中では、人間関係に悩んだり、体調がなかなか回復しなかったりなどが続くと、鬼門のせい? なんて考えてしまうかもしれません。困ったときの神頼みではありませんが少しでも嫌な邪気を払い、無病息災を得たいという気持ちは、昔も今も変わりないのかもしれません。