スタッフブログ

お歳暮

  

  

皆さまこんにちは。

建窓センターキヨナガの小野です。

  

  

すっかり寒い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

最近は特に時の流れを早く感じます・・・気づけばもう年末!ということもあり得そうですね(^^;)さすが師走と呼ばれるだけあるなあとつくづく感じます。

  

  

さて、今回は冬のイベントであるお歳暮について簡単に調べてみました♪

  

  

お歳暮とは

お歳暮とは、今年1年お世話になった人に対して「今年1年間ありがとうございました。 また来年もよろしくお願いします。」の気持ちを込めて渡す贈り物のことです。 もともと 「歳暮」は「年の暮れ」を表す言葉で、俳句の世界では12月の季語にもなっています。

  

時期:毎年12月中旬から下旬
お歳暮という言葉は、もともとは読んで字の如く年の暮れ、
年末(歳暮=さいぼ・せいぼ)という意味を表わす言葉でした。

毎年、この時期になると一年間にお世話になった人に贈り物を持参してまわる習慣ができ、
これを歳暮回り(せいぼまわり) と言うようになり、
やがて、贈答品そのものを「御歳暮」と呼ぶようになり、現代に至っています。

12月初めより遅くとも20日頃までに贈るのが一般的で、
それを過ぎるようであれば年明けにお年賀として贈ると良いとされています。

  

   

  

お歳暮の由来

意外なことに、お歳暮のルーツは中国に古くからある慣習にあります。中国の道教では、旧暦の1月15日は「上元」、旧暦の7月15日は「中元」、旧暦の10月15日は「下元」と呼ばれ、それぞれの日を神様の誕生日として人々がお供え物をする行事がありました。これらの行事が、日本ですでに存在していた「盆礼」という行事と結びつき、「お中元」が生まれました。

また、日本には、もともとお正月にご先祖様の霊をお迎えする「御霊祭」のためにお供え物をする風習がありました。そのお供え物として、よその家に嫁いだ人や分家の人たちが、本家や実家にお神酒のおつまみになるような塩鮭やするめ、数の子などを年末に手渡しで持っていくようになります。これが中国の行事と結びついて「お歳暮」のルーツになったと言われています。

その後、江戸時代に入ると武士が自分の所属する組合の組頭に准血縁の証として年末に贈り物をする習慣が根付きました。一方、商人の世界では掛け売りの商売が広く行われており、お盆や年末に半年分の精算をする習慣があったことから、精算をする時に得意先にお礼のための贈り物をするようになります。明治時代以降は、しだいに上司やお世話になった方にも贈り物をするようになり、現代のお歳暮の習慣が一気に広まったのです。

  

  

  

 

地方で行われているお歳暮の風習とは

北陸地方では、娘が結婚すると嫁の実家から娘の嫁ぎ先に、お歳暮として出世魚のブリを丸ごと1本贈る風習があります。この風習は「嫁ブリ」と呼ばれ、「出世魚のブリのように、旦那さんには出世してほしい」「娘がこれから暮らす家が末永く繁栄してほしい」「これから生まれてくる子供が健やかに成長してほしい」との願いが込められたものです。そのため、娘を嫁がせた家では、年末になると一匹数万円もするブリを値段も気にせず買い求める人が多いと言われています。また、婿の実家側では、贈られたブリをすぐさま半身にして嫁の実家に返し、双方とも親戚や近所の人々に配るのが習わしとなっています。

逆に、九州では婿の実家から嫁の実家にブリを贈る風習があります。これは、「良か嫁ぶり」という意味に掛けて行われているものであり、婿の家族から嫁の実家に対する「大切な娘さんをお嫁にいただきありがとうございました」という感謝の思いが込められています。かつては、婿の両親が息子とともに嫁の実家を訪ね、挨拶をしたとも伝えられています。

  

  

  

企業で行われるお歳暮のやりとり

お歳暮は、日頃から取引をしている企業と企業の間や、上司と部下の間でもやりとりが行われてきました。今でも、お歳暮を贈る企業のリストを作成し、お歳暮を贈り合う企業が多くあります。

しかし、バブル崩壊後はコンプライアンス意識の高まりから高額な贈答品の受け取りを辞退する企業も現れ始めました。また、2000年代以降は個人情報保護や上司・部下の癒着防止、内部統制の観点から、社内外ともにお中元やお歳暮などのやりとりを全面的に規制する企業も出てきています。

近年では若者を中心にお歳暮やお中元を贈る人が減っていると言います。お歳暮の習慣がいかにして日本に根付いてきたのかを知れば、「今年お世話になったあの人に、お歳暮を贈ってみようかな」と考える人も増えるのではないでしょうか。