スタッフブログ

夏といえば・・・Part2

   

   

皆さまこんにちは。

建窓センターキヨナガの小野です。

   

   

今回も「夏といえば・・・」で連想するお話をご紹介したいと思います♪

    

   

   

お化け屋敷

    

なぜ夏になると心霊特集や幽霊ネタが持ち出されるのでしょうね。

    

その起源は(夏が怪談などの季節になったのは)、

歌舞伎が夏に「涼み芝居」と称して、幽霊が出る恐ろしい演目(例えば「東海道四谷怪談」など)を

上演したからだといわれています。

東海道四谷怪談

  

      

タイトルのお化け屋敷に関していえば、まず歴史からみてみますと、

最初のお化け屋敷は江戸時代後期に誕生したようです。

     

興行としてのお化け屋敷の始まりは、天災や飢饉など社会不安が頻発した天保元年(1830)にさかのぼります。
東大森に住んでいた瓢仙という医者が、自宅の庭に小屋をつくって、壁から天井まで一面に百鬼夜行の様を
極彩色に描き、それに一ツ目小僧などの化け物細工の人形を飾り付けたそうです。これが評判となって、
「大森の化け物茶屋」といわれ、江戸からも多くの見物人が集まり、もっとも悪趣味に過ぎるとの理由で
代官にとがめられ、3カ月ほどで撤去されてしまったそうです。


 その後、同9年、両国回向院で井ノ頭弁財天の開帳があり、境内でいろいろな見世物が興行されました。
その中に泉 目吉の人形細工「変死人形競(へんしにんくらべ)」があり、この見世物では、
土左衛門や獄門のさらし首をはじめ、髪の毛で木の枝に吊るした女性の生首などがリアルに再現されたようです。
棺桶に入った亡霊がその破れ目から首を出したところに月の光が射したり、木に縛りつけられた裸男のノドに
短刀が突き通され両眼をむき出したさまは、まさにシンに迫るものがあり人気を呼びました。
これが現在のお化け屋敷の原形といわれています。

 

 

   

    

まさかこんな古くからお化け屋敷の歴史があったなって知りませんでしたね!

    

時代が経つにつれて、いつしか 夏=怪談、お化け屋敷 という風潮が定着していったのでしょうね。

    

    

最近めっきりお化け屋敷に入ることがなくなりましたが、遊園地に行くことがあれば、

スリルを求めてお化け屋敷に入ってみようと思います♪笑